ジーパンの選び方

ジーパン(デニム)といえばボトムスの王道。カジュアルファッションからキメキメファッションまで取り入れられる万能アイテムです。

その万能性故か、ファッション初心者はジーパンはみんな同じと思っている人も多くありません。ジーパンにも様々なものがあり、選び方も多種多様なアイテムなのです。

この記事ではできるだけ分り易くジーパンの選び方について解説していきます。

目次

ジーパンのサイズ感を知ろう

ジーパンというものはどこの服屋さんでも売っているもので、どれを選んでいいのか分からない場合もあるのではないでしょうか。一番早いのが試着ですが、その試着をしても何を良いと思えばいいのか分からないという初心者さんもと多いと思います。

まず、サイジングについて紹介します。

サイズがあっているジーパンと合っていないジーパン サイズがあっていると、腰回りがすっきりし、ジーパンのシルエットがはっきりと出ます。
逆にサイズがあっていないともたつきが生まれてしまい、ウエスト部分のシルエットが崩れてしまいます。

サイズミスの際のバックシルエット サイズがあっていないと、前のシルエットよりバックシルエット、サイドシルエットの崩れが深刻です。
ウエスト部分があっていない場合、おしりも余ってしまうので後ろから見たとき、横から見たときにジーパンのおしり部分が目立ってしまい、シルエットが崩れ、スタイルが悪く見えてしまう原因となります。

靴の入り-「クッション」にも目を向けよう クッションとは、ボトムスが靴にかぶさるバランスのことを指します。
サイズミスのものは、丈が長すぎてかなり靴にかぶさり、シルエットが崩れているのが見て取れます。丈が長すぎてしまうとこのような状態になりやすいので注意が必要です。

クッションがなしの場合はすっきりとした印象を与え、全体になじむ印象があります。
クッションがある場合ですと若干ルーズな印象を与え、ボトムスや靴に目が行くようになります。

私は座ると靴下が見えるのがなんとなく嫌なので若干クッションを入れています。
ここらへんはシルエットを崩さない程度であったら好みの問題じゃあないかなと思っています。

靴の種類、スニーカーやブーツ、サンダル等によってクッションのかかり具合は異なりますので、靴に合わせてボトムを選ぶという選択肢が必要になる場合もあります。

クラシックなシルエットとモダンなシルエットの違い クラシックなメンズのジーパンは、大体がまた上が長く、腰回り、おしりまわり、ワタリ(太もも部分の長さ)が太くゆったりとしたシルエットのものがほとんどです。
最近のモダンなジーパンのシルエットですと、股上が短く、おしりまわり、ワタリが細くなりすっきり見せるものが主流となっています。

ここでは、シャツをタックイン(ボトムスの中に入れる)したもので解説してみましょう。

左がモダンなもの、右がクラシックなものです。モダンなものは腰付近で履くため、お腹や腰回りのシルエットがあまり出ませんが、クラシックなものはお腹まわりで履くためお腹や腰回りの体型が出やすく、すっきりした印象を与えづらくなります。

ただ、お腹まわりまでボトムスが上がって見えるので、痩せ型でボトムスのシルエットがよければ脚長効果もあります。
しかしながらまた上が深いものは着こなしが難しいので注意が必要です。

ジーパンの色落ちと加工

ジーパンの色落ちや加工というものは非常に難しいものです。人の好みによるものなのですが、一般的にはやりすぎず自然なものが好まれています。

【インディゴデニムの場合】
ノンウォッシュ・ワンウォッシュ(藍色)→濃い色落ち(インディゴ)→薄い色落ち(ライトインディゴ)→真っ白に近い青
濃いものから色落ちの経過を楽しむのも面白いのですが、何年もかかるため、色落ちしたものが欲しい場合やりすぎていない加工もの(すでに色落ちしている物)をおすすめします。全てではありませんが、色落ちしていないものほどスタイリッシュに、色落ちしていくほどにカジュアルになっていきます。

【ブラックデニムの場合】
真っ黒→色落ち→色が抜けた黒
ブラックデニムはインディゴに比べて色落ちの物があまり格好良いと思われにくい傾向にあります。ただ色が褪せただけに見えるものもあるので、真っ黒のもの方が使いやすいと思います。

様々なジーパンの種類と腰パン

ジーパンで一番有名なものがLevi’sの501だと思います。あまりファッションに関心がない人でも、Levi’sという名前や501という言葉を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

501とはジーパンの元祖と呼ばれるもので、少し裾にかけて細くなる伝統的なストレートタイプのジーパンです。

ジーパンのシルエットとしては、細いものや太い物、裾が広がっている物など様々です。
有名なものとしては、
ストレート(まっすぐ)
テーパード(裾にかけて細くなる形)
フレア(太もも~膝にかけて細くなり、膝から裾にかけて広がる形。
シューカット、ブーツカット、ベルボトム等。順に広がりが強くなっていきます)

このような形で細かったり太かったりします。その場合にはスリムやワイドなどの名称がついたります。

腰パンは悪じゃあない。スタイリングの一種だ!

腰パンを「悪」とみなす風潮が高いですが、腰パンはシルエットで遊ぶために非常に重要であると考えています。

自分が思うに、オシャレというのはカチカチに決めるものと「ヌケ感」というリラックス感で遊ぶものとの2種類あると考えています。

例えばジーパンをウエストで履いた場合にはカチカチ方面のすっきり、腰パンの場合はヌケ感方面のリラックス度が上がります

ただし、あくまでここでいう腰パンは、腰で履くという意味です。ウエストより少し下げて履くという意味であり、決しておしりまで下げてパンツを見せたり極端に短足に見せるという着方は品がない印象を与えてしまうのでおすすめは出来ません。

次に、ジーパンのシルエットとして代表的なものをウエストで履いたもの、腰で履いたものを画像で見比べられるように簡単にまとめてみました。

ウエストで履いた場合 全体的にすっきりまとまっています。

腰で履いた場合 腰で履くとクッションが増え、靴元に視点が集まりやすくなります。また、シルエットにメリハリやゆとりが生まれています。無骨なイメージを作り易くなります。

ウエストで履いた場合のバックシルエット バックポケットが上にあるため、ヒップアップ効果があります。股上が短いとすっきりした印象を与えます。(小尻効果)

腰で履いた場合のバックシルエット 腰で履くことによりおしりの形を隠すことができます。また、バックポケットがカーブを描かずまっすぐになるので安定感も生まれているように見えます。

「ヌケ感」というものは万人に共通ではないように思います。クロップドとして知られる7分丈のボトムであったり、ショートパンツがメンズファッションの間でおしゃれなものとして世代を問わず万人に流行しないのはそういったものが認識されづらいからではないかなと思います。

腰パンはやり過ぎない程度、腰に引っ掛ける程度であれば程よい感じにヌケ感を取り入れ、下に重心を向けることで簡単なAラインを作ったり、小顔効果が期待できます。やりすぎるとただの短足にしか見えませんので注意が必要です。

さいごに

履きこなし方としては、スタイルよく見せたい時にはウエストで、(ただし上げすぎだと股間が出てしまうので注意。)ゆとりやヌケ感でカジュアルに履くときには腰でという風に使い分けるのが王道だと思っています。

ジーパンというものは奥深く、たくさんのファンを抱える歴史のあるボトムスです。少しでも魅力が伝われば幸いです。

パーマリンクをブックマーク

ジーパンの選び方 への2件のコメント

  1. 匿名 より:

    参考になりました

  2. 匿名 より:

    なるへそ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

新着記事
ブランドをうまく活用しよう
ジーパンの次に選ぶボトムとは?
男の身だしなみは肌の手入れから
眉毛を整え印象を変えよう
シェパードチェック
グレンチェック
ガンクラブチェック(二重弁慶格子)
ハウンドトゥース(千鳥格子)
ジーパンの選び方
markaのTシャツを購入
ファッションの基本の新着記事
ジーパンの次に選ぶボトムとは?
ジーパンの選び方
シルエットとはなんぞや?
デートの時のスタイリング
フェイクレイヤードはやめとけ
サイズ感を味方につけよう