眉毛を整え印象を変えよう

男性が眉毛を整えるのはおかしい・・・という時代は、日本ではもう終わってしまいました。
男性の顔のパーツの中で自分でカスタマイズ出来る部分と言えば、「眉毛」が一番に挙げられるのではないでしょうか。
女の人がメイク一つで印象がガラリと変わるように、男性も眉毛を整えることにより印象を大きく変えることができます。

目次

眉毛を整える意味とは

眉毛を整えるということについては賛否両論ありますが、現代においては清潔さや感性を醸し出す上で眉毛を整えるということは非常に重要な要素ではないかと考えています。

例えば、眉毛を整えている人と整えていない人であった場合、眉毛を整えている人のほうがさっぱりであったり、小奇麗な印象を与えやすくなります。

逆にやりすぎて眉毛が薄すぎたり、細すぎたりすると、高圧的に見られたり、ヤンキー的な系統が好きな風に見て取られますので、そういった系統に興味がない場合は注意が必要です。

また、垢抜けた印象を与える=雰囲気だけでもイケメンに見せる、雰囲気イケメンに近づくためには、眉毛を整えるということは最低限やらなくてはならないことの1つに挙げられます。

眉毛の位置や形で印象はガラリと変わる

眉毛の位置も印象に影響を与えます。

眉毛の位置が目と近い
男らしく、眼力がアップします。イケメンといわれる海外俳優や、日本の芸能人などもほぼ目と眉が近い人がほとんどです。彫りが深い、いわゆる顔が濃いほど目と眉が近くなる傾向にあります。

眉毛の位置が目と遠い
中性的であっさりとしたやさしい印象を与えます。いわゆるしょうゆ顔といわれる顔立ちの人に多い傾向にあります。最近の草食男子とか言われるタイプやあっさりとした男性芸能人に多いです。

眉毛の濃さにも目を配ろう

眉毛の濃さでも印象が変わります。
眉毛が濃いと眼力が強く野生的であり、眉毛が薄いとシャープな印象を与えます。

ただし、あまりにも薄くしすぎてしまうとシャープになりすぎてしまい尖った印象、つまりヤンキー系等という印象をを与えてやすくなってしまうので注意が必要です。

後ほど解説しますがコームという「くし」を用いて梳いていけば濃すぎず薄すぎない、やり過ぎない程度の眉毛の濃さに調節しやすくなります。

眉毛の形によって与える印象の違い

一番重要とも言えるのが眉の形です。最終的には眉毛の形が自分の目の形にちゃんと似合っているかどうかが重要となります。

眉毛を構成する部分として、眉頭眉山眉尻があります。

眉頭は眉毛が始まる部分、眉山は眉毛のカーブを描く部分、眉尻は眉毛の終わり部分となります。

一般的には、画像のように眉頭の始まりの部分と眉尻の終りの部分を揃え、眉頭と目頭から横鼻を一直線に、眉尻と目尻と横鼻を一直線に結べるように眉毛を整えるとバランスが良いと言われていますが、目の形などは人それぞれなので一概には言えません。

最初はだれだって失敗するという覚悟で眉毛を試行錯誤して、最終的に似合う眉毛を見つけるという考え方が重要なんじゃあないかなと思います。いわば自分でやる場合は慣れが肝心といったところでしょうか。

眉の形講座


濃さと同じような感じですが、太いと男っぽく野性味があり、かつ優しい印象を与えやすく、眉毛が細いとシャープな印象を与えます。細すぎるとシャープになりすぎ尖った印象を与えますので注意が必要です。

ナチュラルで自然な印象を与えたいという場合には、普通~太めを。
中性的な印象を与えたい場合には少し細く、尖った印象を出したいという場合にはかなり細くといったような整え方をすると雰囲気を出しやすいです。

ごんぶとの場合ですと、清潔さやスタイリッシュさなどがない場合がほとんどですので、少し梳いて形を整え清潔感を出すのがベストです。

カーブ

眉山と呼ばれる部分から、眉毛の終わり部分にかけてのカーブの作り方によっても印象が変わります。

カーブがないと真っ直ぐで強い印象を与えます。
カーブがカクッとしていると力強く凛々しい印象。
カーブがなだらかであると女性のような柔らかい印象を与えます。

最近だと、カーブを自然になだらかにする風潮にあるようです。しかし、カーブを極端になだらかにしてしまうとチャライ、もしくは男性好きと見られてしまう傾向にあるようです。あまりに中性っぽくしてしまうと色気が出すぎてしまうせいであると言えるのではないでしょうか。

角度

眉の角度も重要な要素と言えます。
眉の角度が上がっていると強い印象、並行~下がっていると優しい印象を与えます。

上がりすぎない程度に上げる、もしくは平行(横一直線)を描くような眉であると自然です。

下がり眉毛の場合は眉を上げることが難しく、上げても眉が細くなりすぎてしまい、今までの印象と180度変わってしまう場合もあるので、平行眉を目指すと自然で優しい眉を作りだすことができます。

いろんな眉毛の種類

眉毛の様々な形をグラフ化してみました。
私の主観ですが、どんどん作り込む程に眉が細くなり、眉が薄くなってしまう傾向があるために威圧感を醸しだしてしまうように思います。

もともと眉が薄いような自然な薄さ(毛流れのある薄さ)ならともかく、作りこんだ薄さと細さ、角度の高さは威圧感を与えるので、そういうふうに見られたくないなら注意が必要でしょう。

ナチュラル、整えているけどそう見えないような眉毛を作るのが万人に受ける眉毛と言えます。

男性芸能人の眉毛を見てみよう

髪型と同じで、眉を整える上でも男性芸能人の眉毛は非常に参考になります。
やりすぎず、自然な眉毛を作る上で真似するにはもってこいです。

ここでは、参考になりそうな有名芸能人の眉毛をリストアップしました。

嵐の櫻井翔さん。
シュツとした角度のある眉毛。

嵐の大野智さん。
少しなだらかなカーブを描く色気のある眉毛。

嵐の相葉雅紀さん。
太く凛々しさのあるナチュラルな眉毛。

嵐の松本潤さん。
濃さと太さのある、野性味のある眉毛。

俳優の谷原章介さん。
平行な、キャラにあった優しくナチュラルな眉毛。

俳優の速水もこみちさん。
角度があり細くかつ濃い眉毛で眼力をアップ。

俳優の成宮寛貴さん。
シャープで綺麗な眉毛。眉毛をしょっちゅう変えます。

俳優の小出恵介さん。
太さのあるナチュラルな眉毛。

俳優の小栗旬さん。
太さと濃さのあるナチュラルな眉毛。

俳優の佐藤健さん。
濃さを残した今風の中性的な眉毛。

俳優の向井理さん。
太さを残した平行眉で優しい印象に。

俳優の瑛太さん。
太く、濃さを残し野性味を出しています。

SMAPの木村拓哉さん。
太さを残しながらシャープ感も出した綺麗な眉毛。

SMAPの中居正広さん。
キャラにあったやんちゃな細い眉毛。

SMAPの草なぎ剛さん。
太く平行な眉毛で優しい印象。

SMAPの香取慎吾さん。
太くナチュラルなキャラにあった眉毛。

SMAPの稲垣吾郎さん。
濃さを残したナチュラルな眉毛。

引用元:MEN’S NON-NO
佐藤健さん(2010年5月号表紙)、瑛太さん(2011年4月号表紙)、速水もこみちさん(2011年4月号134P)、谷原章介さん(2011年4月号195P)、成宮寛貴さん(2011年5月号26P)、小栗旬さん(2011年5月号28P)、小出恵介さん(2011年5月号29P)、SMAP(2011年6月号23、25P)、嵐(2011年8月号8、9P)向井理さん(2011年8月号145P)

眉毛の整え方

眉毛を整えるにあたって、一番てっとり早いのは他人にやってもらうことです。

母親はちょっとアレとして、一番は美容師ですが、おしゃれに敏感な妹だとか友達だとかいたら恋人だとかにしてもらっても客観的に見て自分に似合う眉毛にしてくれます。(もちろんそれでも失敗することもあります)

ただ、毎週毎週美容室に行ったり、知人にしてもらうというのも困難ですので、やはり自分でするというのがお手軽です。

自分で眉を手入れする場合、まずは道具を揃えることから始めましょう。

GATSBY (ギャツビー) メンズアイブローキット

  • 発売日:2005-03-09
  • カテゴリ:ヘルスケア&ケア用品
  • 定価:¥ 972
ギャツビーのメンズアイブローキットは、薬局やコンビニなどで手軽に手に入るためオススメです。男性の眉毛整えキットとしては確固たる地位を確立しています。
他にも、眉毛シェーバーなどで代替も可能です。

メンズアイブローキット(毛抜き)のメリット
・整えやすい
・青みが出にくい(眉が生えてくると徐々に青くはなります)

眉毛シェーバーのメリット
・痛くない
・時間の短縮

毛抜きもシェーバーも一長一短ですので、出せる価格や好みで選んだほうがいいと思います。

整え方について
目と眉を近づけると雰囲気イケメンになり易くなります。
そのためすぐさま眉の上を過剰に整えようと思いがちですが、眉の上部分を起点に眉全体を整えることは結構難しいです。
最初の頃、眉を整えるのに慣れるまでは眉の下側を基点として眉を整えたほうがイメージがつかみやすいのでオススメです。

メンズアイブローキットの使い方

道具があっても使い方がわからないんじゃあ話しになりませんよね。説明書に書いてあっても、実際にやっている人のを見るのとじゃあ雲泥の差です。

ここでは、ギャツビーがYouTubeにアップしたメンズアイブローキットの使い方という動画をまとめて掲載します。

使い方

コームを用いた眉毛の梳き方、整え方。

基礎編

コームを用いた眉毛の梳き方、整え方。(上とは違うバージョン)

薄い眉

薄い眉の人のための解説動画。
薄い眉の場合は少し形作る程度がベストだと思います。

濃い眉

濃い眉の人のための解説動画。
濃いといじっているうちに印象がどんどん変わってしまうためやりすぎてしまう傾向にあります。引き際を見極めましょう。

眉毛を整える頻度
一般的には1~2週間に1回整える程度と言われていますが、自分が気になり出したら整える程度でいいと思います。
きっちりしすぎている眉毛もキメキメ感が出すぎてしまうので、そういうふうに見られたくない場合は注意が必要です。

さいごに

眉毛を整えることにより、印象は変わりますし、うまくいくとなにより自信がつきます。お金もほぼ使わず大体30分か1時間かそこらで格好良い自分に近づけるからです。

自分で整える場合、失敗したり、慣れるまで時間はかかると思いますが、それに伴う何かが得られるはずです。
今まで整えたことがないという人でも、是非チャレンジしてみてください。それで自信を得ることができたら嬉しいです。

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

新着記事
ブランドをうまく活用しよう
ジーパンの次に選ぶボトムとは?
男の身だしなみは肌の手入れから
眉毛を整え印象を変えよう
シェパードチェック
グレンチェック
ガンクラブチェック(二重弁慶格子)
ハウンドトゥース(千鳥格子)
ジーパンの選び方
markaのTシャツを購入
ファッションの基本の新着記事
ブランドをうまく活用しよう
男の身だしなみは肌の手入れから
眉毛を整え印象を変えよう
ストリートスナップサイトを見て、他人のセンスを盗もう
おしゃれをする上でのメリットとデメリットを知ろう
はたして着たいもの=似合うものではないのか?
おしゃれという名のコミュニケーションツールを身に纏おう
身だしなみを整えるという事は、自分を整えるという事だ
たくさん失敗し、自分が目指すおしゃれへの糧としよう