ジーパンの次に選ぶボトムとは?

まず最初のボトムにジーパン(デニムパンツ・ジーンズ)を選んだとして、次は何を選べばいいのか分からないっていう人も多いのではないでしょうか。

ジーパンは色落ちや形によって印象が全く違うので全てジーパンでもいいのですが、用途用途によってボトムを選ぶとファッションの幅が広がります。

今回はジーパンの次に選ぶボトムはどれがいいのかという疑問を、様々な種類のボトムス紹介を交えて解説していきます。

最初にチノパンやカーゴパンツを選んだ際にも参考になれば幸いです。

ボトムスによる印象の違い

選んだボトムスの種類によって、相手に与える印象も異なります。
ここでは、簡単に選んだボトムスによって与える印象を図で表してみました。
左側がかっちり目、右側がゆるめという印象です。

一般的にスラックスがかっちりした、いわゆるフォーマルな印象を与え、スウェットパンツやジャージがかなりゆるめのカジュアルな印象を与えます。

様々なボトムスの解説
次に、各種ボトムスの印象などについて解説していきます。

スラックス
スラックスは、スーツのボトムのことを指す言葉です。

スーツと合わせるセットアップとして着用する印象が強いため、ボトムの中でもフォーマルな印象を与えるボトムと言えます。

一般的にセンタープレス(ボトムに線が入っているデザイン)が入っているためコーディネートにキメ感を与えてくれます。主にデートなどすこしカッチリ決めたい時などに使えるボトムと言えます。

アクティブな場面、遊園地であったりバーベキューなどですと少しカッチリしすぎる感も出てしまうので場面場面で使い分ける必要があります。

最近では少しヌケ感、カジュアルっぽさを出した9分丈や7分丈などのハンパ丈、更にはショーツ・ショートパンツなどのものも普及しています。

チノパン
チノパンはチノクロスという生地を使用した、ミリタリーウェアとして生まれたボトムなのですが、軍隊の制服として着用されたため多少カッチリとした印象があるものと、ミリタリーウェアからワークの方向に移り変わったものと、選び方や着こなしによって極端です。

例えば、
【かっちりとしたチノパン】
センタープレス(線があるデザイン)
タック入り(ベルト部分にシワがあるもの)
シルエットが細い
光沢があるもの

【ワークっぽさがあるもの】
シルエットが太いもの
シワ感があるもの
加工があるもの

基本的にアメカジから少しキメ感のある着こなし、大人っぽい着こなしなど非常に使いやすいボトムといえます。
昔は野暮ったくてダサいイメージがありましたが、最近ではすっきりしたものが普及しかなり着用されるボトムとなりました。
頑張ってもここらへんでフォーマルっぽさは終わります。職場でもスラックス以外にチノパンは良くてもジーパンはカジュアルすぎてダメって所が多い印象です。

ジーパン(デニムパンツ・ジーンズ)
カジュアルの王道といえばジーパン。

非常に様々なバリエーションがあり歴史も深く、ボトムの中でも一番ファンがおりかつ着用されているキングオブボトム(笑)です。最悪愛するジーパンが1着、もしくは履けるジーパンが数着あればぶっ壊れるか色落ちし過ぎるまで戦えるボトムです。

ジーパンの色落ち、形、他にもデニム地でカーゴ・ミリタリーパンツやサルエルパンツの特徴をデザインしたものなどそのバリエーションによって与える印象は数しれません。

簡単な印象の違い
【かっちりとしたジーパン】
センタープレス(線があるデザイン)
シルエットが細い
光沢があるもの
あまり色落ちしていない

【キメ感のあるジーパン】
ブーツカット
加工がすごい

【カジュアルっぽさがあるジーパン】
シルエットが太いもの
色が薄いもの
丈が短いもの(ショートパンツなど)
オーバーオール(つなぎ)

基本的にカジュアルダウンを前提とした着こなしが似合う、いわゆる選び方によって何でも合わせることができる万能なボトムの頂点として君臨する最強のボトムです。

コーデュロイパンツ
コーデュロイパンツとは、縦畝の生地を使用したぬくもり感のあるボトムを指します。タオルのような生地感といえばわかりやすいでしょうか。

ぬくもりと独特のユルさがあるので、アメカジ系統の服によく似合います。

大体がストレートもしくはゆるいブーツカット・シューカットでスリムタイプのものもありますがあまり多くはありません。

スキニーもレディースではよく見ますがメンズではかなり少ない印象があります。

畝が太いとさらにゆるく無骨な印象を与えてくれます。

色としてはブラウン、ベージュ、ネイビー、マスタード、緑色、ワイン色などが多く流通しています。

カーゴ・ミリタリー・ワークパンツ
一般的に、カーゴパンツやミリタリーパンツ、ワークパンツは太くストンとしたシルエットを形作ります。

そのため、カジュアルかつ男らしく無骨な印象を与えてくれます。

着こなしとしては、上は細いものでまとめることでうまくAラインを作ることが出来れば、カジュアルな中でも垢抜けた印象、キメ感を作ることもできます。

フォーマルな場所では難しいかもしれませんが、一般的に手に入りやすく万能ですので非常に着こなしやすいボトムと言えます。

テーラードジャケットなどのキメ感のあるアイテムと使うとうまい具合に中和してくれます。

サルエルパンツ
また上が太く、太股部分にゆとりをもたせ、脛やくるぶし部分にかけてテーパード(細くなる)するタイプのボトムがサルエルパンツです。最近ブレイク中です。

元々が民族衣装であったため、独特の存在感を醸しだすボトムです。リラックス感を持たせながらもどことなくモード感もある不思議なボトム。

しかしながら一般的には「奇抜」な印象をもたれやすく、無難とは言いがたいボトムであり、非常にコーディネートも難しいアイテムです。年齢層高めな人からはう◯こパンツだとか、オムツだとか言われることもしばしば。

生地はサラっとした清涼感のある生地やモード感のあるウール生地、またデニム生地などを用いたタイプもあります。取り入れるとするなら、若干サルエルっぽいデニムやカーゴなどの無難ものが取り入れやすくベターではないでしょうか。

若干モードが漂う黒を使う場合には全身モードで攻めたほうがまとまりやすくなります。

スウェットパンツ・ジャージ
最強のヌケ感、リラックス感を漂わせてくれるボトムがこのスウェットパンツ。ジャージです。

ゆるく、柔らかい雰囲気を醸し出してくれるのと同時に非常に使い方が難しいアイテム。

普通の人から見たらヤンキーもしくは寝間着、ジャージだったら運動中と捉えられてしまうかもしれない諸刃の剣。

超上級者じゃあ無いと履きこなすことができないと思います。初心者は避けたほうがベターなボトムと言えます。

サルエルもそうですが、分かる人にだけにしか分からない世界をつくりだすボトムなので一般的にはオシャレには見えないかもしれません。

さいごに

様々な種類があるボトムスですが、自分の系統や恰好いいと思うものに合わせていろんなボトムを選んでみてください。

一般的には細いとカッチリめに、太いとカジュアルな方向性に行きやすいです。7分丈など丈が短いとカジュアルな印象になりやすくなります。

一般的にはデニム・チノ・カーゴの三種の神器(笑)があれば事足りますが、その中にスラックスなど他の種類のものも合わせてみるとコーディネートが広がります。

パーマリンクをブックマーク

ジーパンの次に選ぶボトムとは? への1件のコメント

  1. トラッド より:

    とても参考になりました^^
    トラッドスタイルやプレッピースタイルなどのキレイめを好んでいるのでスラックスやチノについて理解出来ました!
    チノはぎりぎりフォーマルでも大丈夫ですかね?センタープレスもありますがツータックなのでシルエットが太いんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

新着記事
ブランドをうまく活用しよう
ジーパンの次に選ぶボトムとは?
男の身だしなみは肌の手入れから
眉毛を整え印象を変えよう
シェパードチェック
グレンチェック
ガンクラブチェック(二重弁慶格子)
ハウンドトゥース(千鳥格子)
ジーパンの選び方
markaのTシャツを購入
ファッションの基本の新着記事
ジーパンの次に選ぶボトムとは?
ジーパンの選び方
シルエットとはなんぞや?
デートの時のスタイリング
フェイクレイヤードはやめとけ
サイズ感を味方につけよう