M-43 フィールドジャケット


M-43 フィールドジャケットとは、M-41フィールドジャケットの後継として開発されたフィールドジャケットです。

M-41を原型を留めないぐらいに改良し、現在のM-65の基礎として、フィールドジャケットの方向性を指し示したモデルと言えます。

ミリタリーとしてのM-43 フィールドジャケット

M-43は、M-41で採用されていた表地をコットンポプリンからコットンサテン地に変更することで耐久性と軽量化、撥水性を高めました。

また、ライナーと呼ばれる温度調節用の取り外しができる裏地もM-43から導入されました。
M-43のライナーはライナー自体でも上着として着用でき、そのまま着用するのは禁止されていましたが無視して着る人たちが耐えなかったようです。

さらに、首もとにはフラップ(留め)、腰元にはドローコード(調節ひも)が付き防寒性を向上させました。

見た目にもわかるように大きなフラップ(フタ)ポケットを4つも取り入れ機能性も向上されました。

現在のフィールドジャケットの基礎としてほぼ完成形であったM-43ですが、急遽アイゼンハワーが気に入ったバトルドレスを真似たM-43を作るハメになってしまったためあまり生産されずM-50、M-51へとたすきを渡す事となりました。

ファッションとしてのM-43 フィールドジャケット

ファッションとしては圧倒的にM-65が多く、モダンです。

あえてノッチドラペルのM-43を選ぶと通に見えないこともないかもしれません。M-65はなんとなくキメキメの方向に行きがちですが、ノッチドラペルのおかげかM-43は落ち着きがあるようにも感じ取れます。それと同時にラフに着こなせます。

同じような形のM-43、M-51、M-65を比べると、だんだんとキメキメに着こなしやすくなっている傾向があると自分は思います。いうなれば次第にスタイリッシュに着こなしやすくなっているのではないかなということです。

アイテムチャート

ID,’chart1′,TRUE).”,”.get_post_meta($post->ID,’chart2′,TRUE).”,”.get_post_meta($post->ID,’chart3′,TRUE).”,”.get_post_meta($post->ID,’chart4′,TRUE).”,”.get_post_meta($post->ID,’chart5′,TRUE).”,”.get_post_meta($post->ID,’chart6′,TRUE).”,”.get_post_meta($post->ID,’chart7′,TRUE).”,”.get_post_meta($post->ID,’chart8′,TRUE).”,”.get_post_meta($post->ID,’chart1′,TRUE).”&chls=3,0,0&chm=B,FF990080,0,0,5&chtt=%E5%8D%B0%E8%B1%A1%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%88&chts=030000,12.5″;
?>

ミリタリー色が強いため、ラフに着こなすことができます。ノッチドラペルのためおとなしく大人っぽい印象を与えやすいのではないでしょうか。

ID,’tchart1′,TRUE).”,”.get_post_meta($post->ID,’tchart2′,TRUE).”,”.get_post_meta($post->ID,’tchart3′,TRUE).”,”.get_post_meta($post->ID,’tchart4′,TRUE).”,”.get_post_meta($post->ID,’tchart5′,TRUE).”,”.get_post_meta($post->ID,’tchart6′,TRUE).”,”.get_post_meta($post->ID,’tchart7′,TRUE).”,”.get_post_meta($post->ID,’tchart8′,TRUE).”,”.get_post_meta($post->ID,’tchart9′,TRUE).”,”.get_post_meta($post->ID,’tchart1′,TRUE).”&chls=3,0,0&chm=B,FF000080,0,0,0&chtt=%E7%B3%BB%E7%B5%B1%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%88&chts=030000,12.5″;
?>

やはりアメカジ方面が強い印象があります。

一般的にキメキメ方面ではあまり使いこなせないような印象があります。そっち方面で使いたい場合はやはりM-65ではないでしょうか。

ID,’ochart1′,TRUE).”,”.get_post_meta($post->ID,’ochart2′,TRUE).”,”.get_post_meta($post->ID,’ochart3′,TRUE).”,”.get_post_meta($post->ID,’ochart4′,TRUE).”&chm=B,C6D9FD,0,0,0|D,4D89F9,0,0,5,1&chtt=%E5%B9%B4%E4%BB%A3%E6%8E%A8%E7%A7%BB”;
?>

年齢層は、やはり30代から40代の大人の方々が多い印象。

ラフに着こなすと大人の余裕を出せるような気がします。

ID,’bchart1′,TRUE).”,”.get_post_meta($post->ID,’bchart2′,TRUE).”,”.get_post_meta($post->ID,’bchart3′,TRUE).”,”.get_post_meta($post->ID,’bchart4′,TRUE).”,”.get_post_meta($post->ID,’bchart5′,TRUE).”,”.get_post_meta($post->ID,’bchart1′,TRUE).”&chls=3,0,0&chm=B,3366CC80,0,0,0&chtt=%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%86%E3%83%A0%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%88&chts=030000,12.5″;
?>

軍モノですので耐久性は馬鹿にできません。

古着のものはライナーを着用すること前提で考えない限り1サイズ小さめを購入するのがベターではないでしょうか。

M-43 フィールドジャケットを探す


パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

新着記事
ブランドをうまく活用しよう
ジーパンの次に選ぶボトムとは?
男の身だしなみは肌の手入れから
眉毛を整え印象を変えよう
シェパードチェック
グレンチェック
ガンクラブチェック(二重弁慶格子)
ハウンドトゥース(千鳥格子)
ジーパンの選び方
markaのTシャツを購入
ファッションの基本の新着記事
シェパードチェック
グレンチェック
ガンクラブチェック(二重弁慶格子)
ハウンドトゥース(千鳥格子)
M-65 フィールドジャケット
M-51 フィールドジャケット
M-43 フィールドジャケット
M-41 フィールドジャケット
ブロックチェック
ギンガムチェック